悠々寛大

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸川の朝の風景

<<   作成日時 : 2014/12/28 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の朝、快晴の中で江戸川の土手を散歩したのだが、自然の風景はとても美しかった。

 わが家を6時20分頃出発し6時30分頃、江戸川に到着。

 江戸川を跨ぐ水道橋あたりから土手に上がり、下流方向(東向き)に歩を進める。

 眼前には、遠く地平線の周囲が茜色を帯びている。あたりも少し明るくなってきている。

 川面に目をやれば、鴨達が静かに浮かんでいる。越冬で江戸川を定宿としているのだが、寝ているのやら起きているのやら・・・

 10分程度で折り返し、上流方向(西向き)へと歩を進める。

 真っ白な雪をかぶった富士山が、朝日を浴びてピンク色の化粧をしているように映る。

 頭の上には、鴨であろうか黒色の渡り鳥であろう、V字型に組んだ編隊が次から次へと北から南へと向かっている。

 しばらくすると、対岸にあるマンションの東側窓ガラスが真っ赤に燃えたように映る。

 そして、後ろを振り返ると昇ったばかりの太陽が輝いていた。今日も一日ありがとう!、と自然に語りかけていた。

 さらに歩を進めると、水道橋まで戻ってきた。

 すると、橋の欄干には、カモメが身一つの間隔でびっしりと止まっている、川面にも大きな群れを二つ作っていた。あたりでは、あちらこちらで鳴き声を発しながら上空を舞い踊っていた。

 その数はとても数えられるものではない、数千羽はいるであろう。

 約20分前にここへきた時には1羽もいなかったのに、いつの間にどこから飛来してきたのであろう。




 美しい自然の風景を満喫して、帰宅の途に就いたのでありました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江戸川の朝の風景 悠々寛大/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる