アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「感動」のブログ記事

みんなの「感動」ブログ

タイトル 日 時
会場を愛で満たした!グルム・カシィムバエヴの歌声
 母がわが子に歌っているかのようにも聴こえる。大きな愛に包まれた歌唱だからこそ、聴く人々の胸に強く・心地よく響き渡るのであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/13 13:20
東京ガスのテレビCMに感動! 保存版「優秀作品集」
 本日の毎日新聞記事に、東京ガス株式会社のテレビCMについて書かれていたので、YouTubeにて同社のCMを観てみたが、いずれの作品にも感動した。  そこで、東京ガスの優秀CM作品をいつでも観れるよう、以下にまとめてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 12:40
女子中学生二人の澄みきった歌声に感動!
 今夜8時からNHK総合テレビで放送した「鶴瓶の家族に乾杯」で、思いもよらず感動の歌声を聴かせていただいた。今回は、昨年12月20日に高橋尚子と共に福島県いわき市を訪ねた後編の放送だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/17 22:40
感動をありがとう!上村愛子選手
感動をありがとう!上村愛子選手  ソチ五輪のフリースタイルスキー・モーグル女子の決勝が昨日行われ、上村愛子が見事、4位入賞を果たした。  メダルにあと一歩届かなかったけれど、とても感動した。ありがとう、上村愛子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/09 14:46
感動の歌声!木山裕策
 一昨日は、歌手・木山裕策のライブを聴かせていただき、感動した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 12:40
絢香、感動のラスト熱唱 〜第60回NHK紅白歌合戦〜
絢香、感動のラスト熱唱 〜第60回NHK紅白歌合戦〜  大晦日恒例のNHK紅白歌合戦。2009年は、60回のメモリアルとして「歌の力」をテーマに、司会は総合:阿部渉、紅組:仲間由紀恵と白組:中居正広が務めた。  加藤清史郎君の開幕宣言で幕が開き、50組のアーティストが繰り広げた歌の祭典で一年を締めくくった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 13:08
これだけ感動したことはない!〜楽山市歌舞劇団 市川公演〜
これだけ感動したことはない!〜楽山市歌舞劇団 市川公演〜  「これだけ感動したことはない!」  これは、「楽山市歌舞劇団」が四川大地震から復興に立ち上がる姿をイメージした踊りを目の前の舞台で見た後、隣席の家内が発した言葉である。  昨日、市川市と友好都市を結ぶ中国四川省楽山市の「楽山市歌舞劇団」の来日公演が市川市文化会館大ホールで行われ、『海棠(かいどう)の秋の趣』を披露した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/28 10:56
アンズの木の魂と触れ合う 〜ドゥドゥク〜
アンズの木の魂と触れ合う 〜ドゥドゥク〜  このようにハートを激しく揺さぶる音色の出る楽器があったとは・・・違う世界に紛れ込んだような不思議な思いであった。  アルメニアの民族楽器ドゥドゥク(duduk)の存在を知ったのは、2009年8月3日付朝日新聞夕刊の記事「アンズの木に魂込める 古代からの音色 =末尾に再掲」を目にして読んだからである。  1500〜3000年前から存在するというドゥドゥクは、アンズの木から作られる。アンズの木を厳選し、十分乾燥させた上で加工するので、1本作るのに2年以上かかるという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/11 12:41
L'AMOUR 2009 美輪明宏 音楽会 <愛>
L'AMOUR 2009 美輪明宏 音楽会 <愛>    「全身全霊を傾けて歌うというより、湧き上がる思いを心の底から謳い上げるという表現の方が妥当ではないでしょうか」  これは、美輪明宏の歌を生で聴いて、その歌いっぷりを評した家内の言葉である。  去る7月30日、市川市文化会館大ホールへ「L'AMOUR 2009美輪明宏 音楽会 」を聴きに行ったのだが、心に強く響いた歌声は未だに耳とハートに残っている。  大きな感動をいただいた「音楽会」であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/03 13:57
心に響いた!セーンジャーが奏でる馬頭琴の音色
心に響いた!セーンジャーが奏でる馬頭琴の音色  先日ふとしたことから、馬頭琴(モンゴルの民族楽器)の生演奏を始めて聴かせていただいた。  私の目の前でプロ奏者・セーンジャー(賽音吉雅)が奏でる馬頭琴の重厚な低音の響きと音色の美しさに感動した。そして、二胡よりもかなり大きい音量に圧倒された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/23 13:40
大自然の壮大な美のパノラマに感動!〜奥只見湖秘境クルーズ〜
大自然の壮大な美のパノラマに感動!〜奥只見湖秘境クルーズ〜  これまでの長い人生の中でこれほどまでに壮大な美しい景観を見たことがあっただろうか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/30 11:31
[保存版] WBC決勝戦(日本:韓国)の経過 〜第2回ワールド・ベースボール・クラシック〜
[保存版] WBC決勝戦(日本:韓国)の経過 〜第2回ワールド・ベースボール・クラシック〜  未だ感動の余韻が残るWBC決勝戦。  「このような感動的なスポーツを見ることができるから、人生は素晴らしい!」、と言っても決してオーバーな表現ではない。  日本と韓国が繰り広げた血戦は両国の国民のみならず、全世界のベースボールファンに大きな感動を与えたことであろう。  野球の面白さを思う存分に魅せ、連覇を果たした侍ジャパン。謙虚で気高い心を秘め、最後まで気力と粘りで戦い抜いた29人の戦士たち。  原監督の作戦・用兵も見事だった。  選手個々の能力も存分に引き出した。イチローが活躍しな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/27 14:32
感動!平山郁夫が描いたシルクロードと日本の美
感動!平山郁夫が描いたシルクロードと日本の美  昨日は、日本橋三越本店(東京都中央区)で「平山郁夫と大いなるシルクロード」展を鑑賞し、大いなる感動をいただいた。  同展は新館7階ギャラリーで2月3日から昨日まで開催されたが、家内とのスケジュール調整でなんとか最終日に訪れることができたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 11:44
心に響いた、三浦純子の朗読
心に響いた、三浦純子の朗読  朗読でこれほどまでに著者の心を表現できるとは! これほどまでに聴く人の心に響くとは! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/09 09:42
夫婦でつかんだメダル 〜北京パラリンピック〜
夫婦でつかんだメダル 〜北京パラリンピック〜  去る9月6日から9月17日までの12日間に亘り熱き闘いを繰り広げた北京パラリンピック。  障害を抱えながら人間の限界に挑戦する姿、障害のない部位を最大限に機能させて闘う姿は見る人々に大きな感動を与えた。  戦う選手の顔には生きる喜びと生かされている喜びがみなぎっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/22 11:03
感動!“悲願の金メダル”と“悲願のメダル”
感動!“悲願の金メダル”と“悲願のメダル”  熱き戦いを繰り広げる北京オリンピックも終わりに近づいたが、一昨日と昨日は感動的なシーンをライブで観させていただいた。  今も瞼に鮮明に残るのは、ソフトボール決勝と男子四百メートルリレー決勝で魅せた日本チームの熱き戦いぶりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 13:12
感動!感動!感動!の金メダル〜100m平泳ぎ・北島康介〜
感動!感動!感動!の金メダル〜100m平泳ぎ・北島康介〜  昨日(2008年8月11日)は歴史的な金メダル獲得シーンを見させていただき、感動した。  男子100メートル平泳ぎで北島康介選手(25)が58秒91の世界新記録で優勝したのである。  従来の世界記録を0秒22、自らの日本記録を0秒53更新する史上初の58秒台で、この種目で史上初の五輪2連覇を達成した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 09:52
中国4000年の歴史・伝統と技・美を見事に表現した、感動の開会式〜北京オリンピック〜
中国4000年の歴史・伝統と技・美を見事に表現した、感動の開会式〜北京オリンピック〜  昨夜、待ちに待った4年に一度の夏季スポーツの祭典、2008北京オリンピックが開幕した。  開会式は中国標準時2008年8月8日午後8時(日本時間午後9時)から開始された(8は中国において、お金持ちを意味する(「發財」の「發」、すなわち「発」)と発音が同じであることから、縁起の良い数とされているからである)。  会場は、北京国家体育場(愛称:「鳥の巣」。最大収容予定人数は91,000人)。  開会式の制作・指揮を担当したのは、『初恋のきた道』、『HERO』、『LOVERS』などの作品を製作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 11:32
迫真・感動のドキュメント!夫婦で挑んだ白夜の大岩壁
迫真・感動のドキュメント!夫婦で挑んだ白夜の大岩壁  昨夜、NHKBS2が放映した「ザ・ベストテレビ“全部”見せます グランプリ作品」の中で実に見応えのあるドキュメンタリーを見た。  それは、去る2008年5月22日、視聴者を感動させた優れたテレビ・ラジオ番組を表彰する第34回放送文化基金賞の本賞を受賞したドキュメンタリー「夫婦で挑んだ白夜の大岩壁」(制作:NHK)である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/15 14:40
松山恵子の生き様に感動
松山恵子の生き様に感動  2年前に亡くなった歌手・松山恵子の生き様に感動した。これほどまでに人々のためを思って唄っていたとは知らなかった。   松山恵子は、「未練の波止場」や「だから云ったじゃないの」など数々のヒット曲で、1950年代後半から一世を風靡した。  亡くなる前まで元気に、フランス人形のような裾の広いドレスをまとい右手に持つ白いハンカチがトレードマークで、「お恵ちゃん」の愛称で親しまれた。  私は、ずいぶん派手に唄っているな、と思って観てはいたが・・・内に秘めた強い思いも知らないで。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/11 14:12
感動!妙行寺の枝垂桜
感動!妙行寺の枝垂桜  昨日は、わが家の近くで満開の枝垂桜に感動した。近くとは言っても、徒歩だと約20分はかかるが・・・  場所は、東西線の原木中山駅より徒歩約10分の地にある原木山 妙行寺(ばらきさん みょうぎょうじ、千葉県市川市原木1丁目24−1)のお庭である。当寺は、かつて江戸から成田への往来で賑わった成田街道(現在、県道179号)沿いに建つ。  昨日は、市川市観光協会主催の「駅からウォーキング ふるさといちかわ発見隊−歴史的物語コース」に家内と共に参加した。  当日は、肌寒かった前日とは打って変わって最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 11:43
のど自慢チャンピオン大会 〜感動、また感動〜
のど自慢チャンピオン大会 〜感動、また感動〜  昨夜、NHK総合が放送した「平成19年度 NHKのど自慢チャンピオン大会」を堪能させていただいた。  今年の大会も、昨年の2月から今年の1月までの1年間に誕生した「今週のチャンピオン」の 中から、厳正なる局内審査を経て15組が選ばれた。  毎週放送の「のど自慢」に出場した予選会を勝ち抜いた20組。その中で合格した数組の中から選ばれた「今週のチャンピオン」でさえ、相当なのど自慢といえる。しかるに、その約50組にも及ぶ「今週のチャンピオン」の中から15組の中に選ばれるということは極めて難関であ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/02 15:17
「アンコール ナスカ展 地上絵再び」
「アンコール ナスカ展 地上絵再び」  昨日は、国立科学博物館(東京・上野公園)へ赴き、特別展「アンコール ナスカ展 地上絵再び」を鑑賞した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 14:54
感動また感動の写真!星野道夫展
感動また感動の写真!星野道夫展  写真でこれほどまでに感動するとは・・・生きていることの幸せ、素晴らしさを改めて感じさせられた写真展であった。 今、千葉県市川市では、4カ所で「いちかわ 星野道夫展」が開催中である。    昨日は、その内の1カ所、「星野道夫展inコルトンプラザ」(会場:コルトンホール(ニッケコルトンプラザ3階))を訪れたのである。  当展は1月19日(土)から開催されていたのだが、翌日(2月3日)で終了するというので、満を持して訪れたのである。    星野道夫(1952−1996)は、千葉県市川市南... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 14:30
「かぐや」が眺めた“月面に沈む美しく青き地球”
「かぐや」が眺めた“月面に沈む美しく青き地球”    宇宙航空研究開発機構(JAXA)とNHKは昨日、月探査衛星「かぐや」のハイビジョンカメラで撮影した、「地球の出」「地球の入り」の動画などを公開した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 12:20
人間愛に溢れる映画 「天上草原」
人間愛に溢れる映画 「天上草原」    昨夜は、久しぶりに心洗われる感動の映画を観させていただいた。  その映画というのは、NHKBS2が放送した「天上草原」(2002年中国)で、内モンゴルの雄大な大自然を背景に暮らす家族の愛を描いた心温まる作品であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 14:38
 小松政夫が涙ながらに語った、植木等との師弟愛
 小松政夫が涙ながらに語った、植木等との師弟愛  今年3月に他界した戦後最大のエンターテイナー・植木等と小松政夫との師弟愛がこんなにも深く美しいものでだったとは思いもよらなかった・・・感動した。  小松政夫は、1942年(昭和17年)福岡県生まれ65歳のコメディアン・俳優。  1961年に俳優を目指して上京。数々の職業を経て、64年、植木等の付き人兼運転手になる。その後、植木等のはからいで独立。70年代に伊東四朗との番組から「小松の親分さん」の名コントや「しらけ鳥音頭」などの大ヒットを生み、一躍人気コメディアンとなる。  現在はバラ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/26 14:43
 感動の記録 「世界陸上2007大阪」
 感動の記録 「世界陸上2007大阪」    「世界陸上2007大阪」は9月2日に9日間の熱き闘いの幕を閉じたが、その余韻は未だに残っている。  日本勢の不振に落胆させられ、女子マラソンの土佐礼子選手が「あきらめちゃ駄目」の精神力で銅メダルを勝ち取り、開催国でメダルなしの屈辱はなんとか免れた。  とはいうものの、素晴らしい大会であった。  世界のトップアスリートが日本の大阪へ一堂に会して覇を競い、その模様をライブ放送で見ることができた。お陰でスポーツの醍醐味をすっかり満喫させてくれたのである。  人間の限界に挑戦する熱き闘い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 14:53
 章子怡が魅せた心に残る映画 「初恋のきた道」
 章子怡が魅せた心に残る映画 「初恋のきた道」    章子怡(チャン・ツィイー、Zhang Ziyi)のなんとも自然で可憐な姿は、中国の美しい自然風景とともに今でも忘れることができない。  それは、章子怡が19歳の時に撮影し、1999年に公開された中国映画「初恋のきた道」(原題:我的父親母親、英語題:The Road Home)で見た情景であった。  この映画に主演した章子怡は、語り手である青年の母の若い頃を演じて世界的に高い評価を受け、第50回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/18 17:50
 吉永小百合〜言葉で紡ぐ、平和への願い〜
 吉永小百合〜言葉で紡ぐ、平和への願い〜  女優の吉永小百合は、原爆詩の朗読会を21年間続けている。  吉永小百合は、深い悲しみを湛えた詩の朗読を通して、原爆の悲惨さ、戦争の恐怖そして平和の尊さと生命の重みを切々と訴えている。  できるだけ多くの子供たちの前で朗読したいと全国の小中学校に足を運んでいる。出演料は一切受け取らず、ボランティアでの活動だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/17 10:51
けなげに生きる少年の姿に感動〜はだしのゲン〜
けなげに生きる少年の姿に感動〜はだしのゲン〜    8月10日、11日の2夜連続でフジテレビが放送した『はだしのゲン』は、原爆の恐怖・悲惨さと生命の重さを訴えた力作であった。  このドラマでゲン(中岡 元)役を務めた小林廉君と弟・進次と進次に瓜ふたつの原爆孤児・近藤隆太役を務めた今井悠貴君の演技に感動した。広島に投下された原子爆弾で被爆し原爆症に侵された少年・ゲンは、生き地獄を味わい、家族の命をも奪われながら、母と生まれたばかりの妹を必死に守り前向きに生きた。  泣き顔も見せず、けなげに精一杯生きる姿は、見る人々をどれだけ勇気づけたこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 14:20
味わい深い名作〜遠い国から来た男〜
   昨夜(7月23日)TBS系列で放送した『遠い国から来た男』に感動した。  46年ぶりに再会した初老の男女三人。中米の国で小さな農園を開いている津山雄作(仲代達矢)。雄作のかつてのフィアンセ、典子(栗原小巻)は、雄作と同期入社の岡野卓己(杉浦直樹)と結婚して40数年が経過し、孫が3人いる。  人生にひとつの区切りをつけ、これから向かう先を模索する三人の味のある演技を堪能した。特に仲代達矢の味のある表情や立ち居振る舞いには唸らされるばかりであった。これぞ正に役者の真骨頂だ。  三人を取... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 14:30
寅さんの名せりふ 〜映画「男はつらいよ」から〜
寅さんの名せりふ 〜映画「男はつらいよ」から〜    渥美清が演じた車寅次郎、通称・寅さん。全48作の映画「男はつらいよ」シリーズでは、毎回失恋の痛手を受けながらも、観る人の心を温かくさせてくれた寅さん。どの作品でも、見終わった後にさわやかさが残った。  それは、渥美清を始めとするキャストの演技力だけではなく、人間の感情の機微を見事に表現したせりふの存在が大きかった。  その心に残る名せりふは、寅さんが発したものだけではなく、寅さんにまつわる人が発したせりふにもあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/07/17 12:57
29年ぶりに“運命の再会”を果たした森昌子
29年ぶりに“運命の再会”を果たした森昌子  昨夜(7月13日)フジテレビ系で放送した金曜プレステージ「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」。  22年ぶりの主演を務めた森昌子は、次のように語っていた。  「神様がそうさせてくれたのかな、と思いました。私がこんな形で復帰していなかったら、出演することもなかった」  無理はないだろう。昨年6月、20年ぶりに歌手として再デビューした後に、このドラマの話が持ち込まれたという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/14 15:34
「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」
「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」    表題の文句は、15年間精一杯生きた脳性マヒの少年やっちゃんが亡くなる2カ月前に母へ綴った、読む人が涙し感動する愛あふれる感謝の詩の一節だ。  そして、向野幾世の著書(扶桑社)のタイトルであり、昨夜(7月13日)フジテレビ系で放送した金曜プレステージ(森昌子主演)のタイトルでもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/14 13:26
「明日の記憶」〜渡辺謙、迫真の演技〜
「明日の記憶」〜渡辺謙、迫真の演技〜  昨夜、テレビ朝日系列で、昨年5月に劇場公開されたばかりの映画「明日の記憶」を放送した。  若年性アルツハイマーを罹患した主人公を演じた、渡辺謙の迫真の演技に感動した。  映画を観ているというより、実際の若年性アルツハイマー患者の生き様を、すぐそばで見ているような錯覚さえ覚えた。正に迫真の演技だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/02 14:56
横綱栃錦と式守伊三郎・報恩軍配物語
横綱栃錦と式守伊三郎・報恩軍配物語    一昨日、江戸川のほとりにある善養寺(東京都江戸川区東小岩2−24)を久しぶりに訪れた。  このお寺の境内にある巨木「影向(ようごう)の松」は、樹齢600年で、その枝ぶりの大きさは日本一といわれている。  善養寺は、第44代横綱栃錦清隆(1925年2月20日〜1990年1月10日)がご当地出身ということもあり、相撲と縁が深いようだ。  かつて、栃錦が「影向の松」を全国松番付で横綱に推挙したとのエピソードもある。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 13:20
ほろりとさせられたお便り 「最後のクラス会」
ほろりとさせられたお便り 「最後のクラス会」    心に響く文を読ませていただいた。  先日、広島で入院中の母を見舞った際、母が私に「これを読んでごらん」と言って新聞を手渡した。  それは、その新聞の小さなコラム「ひととき」に書かれた読者からの便りであった。  書かれた方は、奇しくも母と同じ年齢の女性だが、読み進むうちに胸の中が熱くなってきた。    目に焼き付いているであろう古里の情景、若かりし頃からの友との交流風景。今回が最後と思ってのシーンだからであろうか、一節一節に哀歓がこもっており、なんともいえない味がある。なかなかの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 12:40
「北海道の赤ひげ先生」 奮戦記
「北海道の赤ひげ先生」 奮戦記    久しぶりに心温まる感動のドラマを見させていただ。  そのドラマは、昨夜(6月23日)フジテレビ系列で放送した、金曜プレステージ『潮風の診療所〜岬のドクター奮戦記〜』。  二度の津波に壊滅的被害を受けた北海道東部の浜中町霧多布(きりたっぷ)村に札幌から妻と二人で赴任し、何度も札幌に帰ろうとしたが、村人に懇願され、昭和28年から平成12年までの47年間を僻地医療に情熱を傾け奮闘した道下俊一医師。  そのドラマチックな半生を自ら綴った一代記 「霧多布人になった医者―津波の村で命守って」(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/06/23 14:03
二胡の音色に感激
二胡の音色に感激  昨日(6月9日)は、劉鋒二胡研究会の演奏を聴かせていただいた。  会場は、JR日暮里駅より徒歩2分の日暮里サニーホール。  「劉鋒二胡研究会 発表会」は、プロの二胡奏者・劉鋒(Liu Feng 、りゅう ふぉん)の100人を超える生徒の皆さんの年に一度の晴れ舞台だ。伴奏は、プロの揚琴奏者・成燕娟(せいえんけん)が務めた。  劉鋒二胡研究会の皆さんの演奏は、昨年のこの時期に同じ会場で聴かせていただいたが、なかなかの高レベルだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:05
横綱白鵬の誕生秘話 〜旭鷲山との運命的な縁〜
横綱白鵬の誕生秘話 〜旭鷲山との運命的な縁〜    第69代横綱白鵬の誕生を心から祝福する同郷の先輩力士がいた。  その人物こそ、昨年11月場所をもって引退した、元小結の旭鷲山(本名:ダヴァー・バトバヤル)だった。  「技のデパートモンゴル支店」(“本店”は舞の海)と謳われた旭鷲山は、我が事のように喜びを語った。「7年前、入門したころを思い出す。体が小さいから、床山に転向させろとまで言われたものだ。その彼が・・・」 「こんな不思議な縁はないよ。うれしい」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 14:58
プロゴルファー金美賢の美談 〜人を救うため、神様が私を利用された〜
プロゴルファー金美賢の美談 〜人を救うため、神様が私を利用された〜    昨日の朝日新聞夕刊で、心温まる次のような記事を目にした。  「米女子プロゴルフツアーで活躍中の金 美賢(=キム・ミヒョン、韓国)が、米中西部のカンザス州グリーンズバーグ周辺で発生した竜巻の被災者に、10万ドル(約1200万円)を寄付するとした。  5月4日に発生した竜巻では、人口約1500人の小さな町は壊滅状態となり、10人が死亡した。  金は被災地とは無縁で、訪問したことも一度もないという。     金は6日にセムグループ選手権でプレーオフを制してツアー8勝目を挙げ、優勝賞金... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/10 15:06
愛と感動のドラマ 「1リットルの涙」
愛と感動のドラマ 「1リットルの涙」    愛をテーマとしたドラマに定評のあるフジテレビが昨夜放送した、「1リットルの涙 特別編〜追憶〜」。  難病に苦しみながらも、ひたむきに生きる亜也の感情をしっかり表現した沢尻エリカ、友の切ない気持ちを自分のことのように受け止め涙する遥斗役の錦戸亮。  子を思う母・潮香の心情を痛切に表現した薬師丸ひろ子、同じく父親・瑞生役を担った陣内孝則。  命の尊さが胸に重く響く。わが子を思い、家族を思い、友を思う愛に包まれたストーリーに涙と感動なくしては見ることができなかった。  そして、これら出... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/06 14:09
見応えあった決勝戦 〜第79回選抜高校野球大会〜
見応えあった決勝戦 〜第79回選抜高校野球大会〜  昨日(4月3日)行われた、第79回選抜高校野球大会決勝戦の常葉菊川VS大垣日大。  決勝戦にふさわしい試合内容だった。    最後まで積極的な攻撃を貫いた常葉菊川が終盤、逆転勝ち。準々決勝からは逆転につぐ逆転で頂点に立った。  「バントは嫌いだ。失敗しても思い切りのよいスイングでプレーをしたい」、との選手の気持ちを最後まで尊重した森下監督。  自分たちの野球への思いを叶えてもらえたことで、自主性に目覚めた選手は、全員が鋭いスイングと卓越した技術を磨いていた。  チーム全員で培っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/04 23:15
日本の美 “さくら”に感動・満喫
日本の美 “さくら”に感動・満喫    私の住む千葉県市川市の桜は、早くも散り始めている。  昨日(4月3日)は、市川市の桜の名所2カ所(「真間川の桜並木」と「真間山 弘法寺 しだれ桜(伏姫桜)」へ桜を愛でに出掛けた。  この2カ所の桜の美しさに堪能した。そして、心が和み癒され感動し、至福のひと時を過ごすことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/04 17:20
ミヤコ蝶々 〜笑いと涙の女の一生〜
ミヤコ蝶々 〜笑いと涙の女の一生〜    昨夜(3月15日)、テレビ朝日系列で放送した『ミヤコ蝶々物語』。  ミヤコ蝶々の生き様を見事なまでに好演した久本雅美に、まずは拍手を送りたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/16 17:50
感動のエンターテインメント 「法善寺寄席」
感動のエンターテインメント 「法善寺寄席」    3月10日と11日の2日間に亘り開催された「行徳街回遊展」。  盛り沢山のイベントがあったが、その中の一つに「法善寺寄席」があった。  3月10日の13時から約2時間30分に亘り、浄土真宗本願寺派の法善寺で開催された。  私と家内は最前列で観させていただいたのだが、その素晴らしいエンターテインメントにすっかり感動した。  その余韻が冷めやらぬうちに書き記しておきたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/12 23:19
地元のお宝、足で発見
地元のお宝、足で発見  昨日、すっかり堪能させていただいた、「行徳街回遊展」。  今日は、堪能させていただいた内容を書いてみたい。    行徳の街の回遊の基点としたのは、浄土宗の徳願寺。  当寺には先月(2月)13日に初めて訪問したが、寺宝の公開は、年に一度、11月16日(お十夜会)午後3時より5時までに限られているとあった。  したがって、今年のその日に鑑賞させていただくことを楽しみにしていたのだが、そのチャンスが思わず早く巡って来た。「行徳街回遊展」が開催されることを機に、特別公開されることになった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 17:02
横田めぐみさんに捧げる歌 〜SONG FOR MEGUMI〜
横田めぐみさんに捧げる歌 〜SONG FOR MEGUMI〜  「SONG FOR MEGUMI」は、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんのために作られた曲です。  この曲を作った人は、1960年代のアメリカを代表するフォークソング・グループのP.P&M(ピーター・ポール&マリー、注を参照)の一人、ノエル・ポール・ストゥーキー(69)さん。    私がこの存在を知ったのは、去る1月29日夜9時から放送したNHKの「ニュースウオッチ9」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/02 19:46
人々の心に鮮烈に響く 「千の風になって」
人々の心に鮮烈に響く 「千の風になって」    私は、今朝の読売新聞・千葉県版の「遊歩道」に掲載された次の記事に感動しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/30 16:11
相田みつを 〜心癒される詩と書の世界〜
 相田みつをさん(詩人・書家、以下敬称略)の書を見ていると、肩の力がすーと抜けて、心がやすらぎ癒されます。  なんの飾り気のない一字一字。だが、それぞれが生命力を持っており、見る者に何かを訴えている。  いずれの書も、人間としての生き方について書かれており、肩肘張らないで、自然に生きていくことの大切さを訴えている。  そしてなにより、人間を思いやるやさしい気持ちが込められている。  あってはほしくないことですが、つらく悲しい出来事があった時、落ち込んだ時などに相田みつをの書を見ると、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 114 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/27 16:37
荒木由美子、湯原昌幸の母を20年間介護した愛と感動の記録
   最近知ったことですが、かつてのアイドルスターで現在タレントの荒木由美子さんは、湯原昌幸さんのお母さんを20年間に亘って介護され看取られていたのです。  テレビの旅番組などで見せる表情でわかるように、涙もろくて優しい性格の荒木さんですが、先が見えない厳しいつらさのある介護を乗り越えてこられたのでした。  私は、荒木さんが、夫や息子さんとともに認知症の姑を見守り看取られた、暖かい話に感動しました。大きな愛があったからこそできたことだと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/25 13:27
心癒される名曲「千の風になって」 〜ルーツを探る〜
   昨年大晦日の「第57回 NHK紅白歌合戦」では、先般の記事にも書いたとおり、日本を代表する歌手が素晴らしい歌を熱唱し、私の心に多くの曲が響いた。  その中でも、私の頭の中に今でも鮮烈に残っているのは、テノール歌手の秋川雅史が歌った「千の風になって」 。  透きとおるような声で切々と謳いあげた。「私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています・・・」  これを聴いていると、心の中にくすぶってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/06 15:12
愛と感動のドラマ 「佐賀のがばいばあちゃん」
   昨夜、フジテレビ系列で放送した「佐賀のがばいばあちゃん」。 「がばい」とは佐賀弁で「すごい」という意味。  タレントの島田洋七が、自らの幼い頃のエピソードを綴り超ベストセラーとなった、同名の本を基にドラマ化した。  時代は、戦後間もない昭和30年代。あの時代は、みんな貧しかった。その中でも、とりわけ貧しかった、おさのばあさん。  だが、それを少しも苦にしない。明るさを忘れず、人間の本当の幸せを求めて、常に前を向いて生命力豊かに歩いている。そして、孫の昭広を楽しく夢のある少年に育て上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/05 16:07
1億円は神様からの贈り物 〜オードリー・ヘプバーンを通して〜
 女優オードリー・ヘプバーンさんが映画の中で着用したドレスが、日本円にして約1億600 万円で落札されたと昨日報じられた。これは、オードリーが生前に行なった愛に満ち溢れる行 為に対するご褒美として、神様がオードリーのドレスを通して貧しい子供たちにプレゼントされ たものだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/07 11:38
犬との交流で開かれた心 〜君が光をくれた〜
 昨夜(12月4日)TBSテレビ系で放送した、「君が光をくれた」。心傷ついた少女と虐げられた 犬が交流を始めることで、お互いが生きる希望を見い出すまでを描いた感動の物語。  「子供たちが、被害者や加害者になる悲惨な事件が後を絶たない、いまだからこそ、人と人 のあたたかな心のつながりを大切にしたい」。「大人も子どもも困難にぶつかった時に、人生を やり直そうとか、生きていく力になれば…」との制作者たちの熱い思いが込められていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 12:37
この夕日は、50年過ぎたって、ずっと綺麗だよ!「ALWAYS 三丁目の夕日」
 昨夜(12月1日)、日本テレビ系で放送した映画「ALWAYS 三丁目の夕日」。今から約50年 前、昭和33年(1958年)の風景と世情を忠実に再現した感動のドラマであった。当時の日本 は、敗戦後の厳しさから抜け出そうと必死に働いた時代。貧しい中でも、人々は明るい未来に 向かって懸命に生きた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/02 14:33
9.11テロで打ちひしがれた心も癒した 「明日に架ける橋」
   私は今、サイモン&ガーファンクルが歌う「明日に架ける橋」を聴きながら、この記事を書いて いる。  ピアノが奏でる軽やかなメロディーで前奏が始まる。それから一転して、アート・ガーファンクル が、透きとおるような声で、ささやくように、慰めるように、静かに語りかけるように歌う、1番と2番。 明るい未来に向かって羽ばたく君にエールを贈る3番は、二人のハーモニーで、声高々と謳い 上げる。  これほど、胸に迫る曲も少ない。私の好きな大事な曲の一つだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/28 13:12
「遙かなる約束」〜二人の愛に支えられ極限を生き抜いた感動の実話〜
 フジテレビ系で昨夜(11月25日)放送した、「遙かなる約束〜50年の時を越えた運命の愛〜」。  戦争に翻弄されながらも、愛に支えられて極限状態の中を必死に生き抜いた男の物語だった。  戦争が引き裂いた愛。戦争がゆえに結ばれた異国での愛。  愛するがゆえに待ち続けた久子。愛するがゆえに別れを選んだクラウディア。  二人の愛に支えられて、極限状態の中を必死に生き抜いた蜂谷弥三郎。  国境を越え、50年という時代をも超えて謳い上げた感動の夫婦愛。奇跡的な愛の実話であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/26 14:34
「泣きながら生きて」 〜家族愛の10年間を描く〜
   フジテレビが昨夜放送した、「泣きながら生きて」。家族の本当のきずなとは何か、夫を、妻 を信じることとは、そして、子どものために親はここまでできるのか。上海、東京、ニューヨーク と3カ所に別れて生活することとなった3人家族の壮絶な10年間を描いた作品。  自分のことより、家族のためにできる限りを尽くす。家族のそれぞれが相手を思いやる愛の 大きさ。それを通して、「愛」の尊さを謳い上げた。  見ていた私の目には、とめどなく涙が流れてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/04 16:07
美輪明宏が 「ヨイトマケの唄」 を熱唱!
 『父ちゃんのためなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ もうひとつおまけに  エンヤコラ 今日も聞こえる ヨイトマケの唄 今日も聞こえる あの子守歌 ・・・』  舞台の上で、美輪明宏さんが「ヨイトマケの唄」を熱唱している。  昨日の記事に書いた動画の見れるサイト「YouTube」。今日、「美輪明宏」で検索すると、 美輪明宏さんが歌う「ヨイトマケの唄」のビデオが2本見つかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/27 12:13
中国舞踊「千手観音」の動画が見られるサイトを発見!
 去る10月16日に日本テレビが「極上の月夜」で放送した、中国民族舞踊 「千手観音」。  “感動”の一語に尽きるエンターテインメントだったが、今でも時々、そのシーンが私の瞼に 鮮やかによみがえる。そのためであろうか、昨日、「千手観音」の演技を動画で見れるサイトを 発見することができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/26 16:58
後世に名を残した細川ガラシャ 〜「功名が辻」第42回〜
   昨日放送された、NHKテレビの大河ドラマ「功名が辻」の第42回「ガラシャの魂」。今回は、 細川ガラシャが壮絶な最期を遂げる。この歴史的なシーンをメインとしたストーリーであった。  時は、関ヶ原合戦が始まる2カ月前の慶長5年(1600年) 7月。  石田三成(中村橋之助)は、徳川家康(西田敏行)との戦いを有利に運ぶため、諸大名の妻 たちへ書状を発した。大坂に残る妻子を屋敷に閉じ込め、人質にとるつもりだ。その中で、丹 後の大名・細川忠興の妻、ガラシャ(長谷川京子)を標的にした。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/23 10:12
「千手観音」現世を超越した演技!!
 一昨日の16日(月)夜。日本テレビが放送した新番組「極上の月夜(げつよる)」を見た。  この目で見た中国民族舞踊 「千手観音」は、今でもその感動が胸に迫ってくる。人間のなせ る演技とは思えない。いや、この表現では不適切だ。 “この世の演技とは思えない” と言った 方が妥当な表現であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 15:33
死亡した少女は「私から撃ってください」と進み出た
 去る10月2日、米ペンシルベニア州ランカスター郡のアーミッシュ=後述=の学校が襲撃 されるという事件があった。  警察によると、亡くなった少女は、7歳が2人、8歳、12歳、13歳が1人ずつの計5人。全員 縛られた状態で、至近距離から頭を撃たれていた。他に6歳から13歳までの少女5人が入院 中で、うち4人は重体だという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/09 11:10
野口五郎の迫真の演技に感動 〜「功名が辻」の副田甚兵衛役〜
 話しは少し遡るが、NHKテレビの大河ドラマ「功名が辻」の第35回/49回「北条攻め」を見 て感動した。9月3日の日曜日午後8時からの放送を見てのことである。「功名が辻」の話の 柱は、後に土佐藩二十万石の大大名へと上り詰めた山内一豊(上川隆也)と一豊を内助の功 で支えた千代(仲間由紀恵)の物語である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/23 13:11
間 寛平さん、感動をありがとう
 今朝、日本テレビの番組“ザ・サンデー”で、「独占・間 寛平・・・24時間テレビ挑戦に初孫 秘話」を放送していました。 内容は、タレントの間 寛平さんが、陸上・十種競技でマスターズ(55〜59歳)の部で日本記録 に挑戦した模様とその裏話でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/03 13:29
夏の高校野球 感動をありがとう
 第88回の全国高校野球選手権大会が昨日大会の幕を閉じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 12:04

トップへ | みんなの「感動」ブログ

悠々寛大 感動のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる