アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「テレビ番組」のブログ記事

みんなの「テレビ番組」ブログ

タイトル 日 時
堪能した!!WOWOW版「下町ロケット」
堪能した!!WOWOW版「下町ロケット」  昨日、WOWOWプライムで「下町ロケット」(全5話)が、17時から5時間にわたり一挙に放送された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 11:34
必見!!昭和の名優・渥美清の『泣いてたまるか』
必見!!昭和の名優・渥美清の『泣いてたまるか』  毎週土曜日、BS12チャンネル(TwellV)が13時45分から15時45分の間に放映する、渥美清主演の『泣いてたまるか』は必見だ!    私は、先週の土曜日(1月31日)に初めて同番組を観た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/07 10:01
女子中学生二人の澄みきった歌声に感動!
 今夜8時からNHK総合テレビで放送した「鶴瓶の家族に乾杯」で、思いもよらず感動の歌声を聴かせていただいた。今回は、昨年12月20日に高橋尚子と共に福島県いわき市を訪ねた後編の放送だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/17 22:40
心癒される 「ニッポンの里山」
心癒される 「ニッポンの里山」  私は、NHKBSプレミアムで放映中(平日の午前7:45〜7:55)の 「ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅」 を欠かさず録画して観ている。  当番組は、「里山。それは、人と生き物が共に暮らす自然。命響きあう美しい世界へとご案内しましょう。」のナレーションで始まり、心癒される清らかな情景が映し出されるのである。  緑と水そしてそこに暮らす人々や生き物の営みが映し出される。日本の原風景が画面一杯に広がるのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/10 10:18
ありがとう! 「てっぱん」
ありがとう! 「てっぱん」  NHK総合テレビが放送した朝の連続テレビ小説「てっぱん」が今日で終了した。  東日本大震災に見舞われ、一週間ぶりに放送が再開された時、当番組を観てほっとして心が癒されたことに我ながら驚かされた。  その時改めて思った。「てっぱん」は“愛に包まれたドラマだ”。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/02 22:09
今年も感動をありがとう! 平成22年 NHKのど自慢チャンピオン大会
今年も感動をありがとう! 平成22年 NHKのど自慢チャンピオン大会  待ちに待った「平成22年 NHKのど自慢チャンピオン大会」が昨夜、NHK総合テレビで放送された。  番組が終わっても未だ余韻の残る中、家内がいみじくも言った「今年も感動をもらいましたね!」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/06 13:45
「四十九日のレシピ」に登場する「新湊大野駅」とは?
「四十九日のレシピ」に登場する「新湊大野駅」とは?  昨夜、NHK総合テレビで放送したドラマ「四十九日のレシピ」の中で「新湊大野駅」の看板が映し出された。  畑の中にぽつんと建つ無人駅だが、このドラマでは重要なシーンが演じられる場所なのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/03/02 11:52
江戸川土手で「プロポーズ兄弟」の撮影隊に遭遇!
江戸川土手で「プロポーズ兄弟」の撮影隊に遭遇!  昨日、江戸川の土手を散歩していたら「プロポーズ兄弟」の撮影隊に遭遇した。  東西線の線路の下をくぐって東京湾方面に向かって歩いていると、平日なのに人が多くてどうも様子の違う場所があった。気になったので現地に行くと、そこはどうやらドラマか映画の撮影前の雰囲気に思えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/11 12:50
壮絶なる国際バトルとなった「SASUKE2011」
 昨夜(2011年1月2日)、TBS系列で放映した26回目の『SASUKE』は過去最高の難易度で迎えた。  寒空の中、猛者100人が挑戦した第一ステージをクリアしたのは、わずか10名だった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/03 14:49
「坂の上の雲」の舞台となった学習院初等科正堂
「坂の上の雲」の舞台となった学習院初等科正堂  去る12月12日に放送されたNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」(原作:司馬遼太郎)を観ていたら、私が漢詩「楓橋夜泊」を吟じたことのある思い出の舞台が映し出された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/15 13:22
壮大な人間ドラマ「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」
壮大な人間ドラマ「99年の愛〜JAPANESE  AMERICANS〜」  TBS 系列で11月3日から5夜連続で放映した表題のドラマは、史実に基づいた日系移民の家族の“愛と勇気の物語”だった。  99年にわたる壮大な人間ドラマは、豪華キャスト陣の熱演もあって極めて見応えがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 11:09
母親の深い愛〜「てのひらのメモ」〜
母親の深い愛〜「てのひらのメモ」〜  昨夜、NHK総合テレビが放送したドラマスペシャル「てのひらのメモ」を観た。  アイドル歌手から演技派女優へと見事に転身した田中好子が出演するので、今回はどのような演技を見せてくれるのかを楽しみに・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/24 09:47
テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」を動画で観る
テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」を動画で観る  NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が好調である。  原案は、漫画家・水木しげるの夫人・武良布枝が著した自伝「ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!」(実業之日本社、2008年3月)である。  なつかしい昭和の時代に貧しいながらも寝食を忘れて好きな漫画に打ち込む水木しげる(向井理)と彼を支える妻・布美枝(松下奈緒)との生き方に共感を覚える。  放送は、2010年3月29日に始まり9月25日まで放送される。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/06 13:09
秀作ドラマ「シューシャインボーイ」
秀作ドラマ「シューシャインボーイ」  昨日は心温まるテレビドラマ「シューシャインボーイ」を観た。  テレビ東京でこのような心に響くテレビドラマを観たのは初めてではないだろうか。  そしてなにより、キャスト(末尾掲載)がいずれも適役でそれぞれが味のある演技をしており、ドラマを一層重厚なものに仕上げていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/25 12:38
必見!平成21年度 NHKのど自慢チャンピオン大会(再放送)
必見!平成21年度 NHKのど自慢チャンピオン大会(再放送)  昨夜、NHK総合テレビで放送された「平成21年度 NHKのど自慢チャンピオン大会」。  この番組は毎年心待ちにしているが、今年も15組がグランドチャンピオンの座を競って、心に響く熱唱が東京・NHKホールに響き渡った。  一組目は、ジェロの「海雪」をものの見事にデュエット曲へ仕立てて、見事なハーモニーを披露して始まった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/07 23:11
絢香、感動のラスト熱唱 〜第60回NHK紅白歌合戦〜
絢香、感動のラスト熱唱 〜第60回NHK紅白歌合戦〜  大晦日恒例のNHK紅白歌合戦。2009年は、60回のメモリアルとして「歌の力」をテーマに、司会は総合:阿部渉、紅組:仲間由紀恵と白組:中居正広が務めた。  加藤清史郎君の開幕宣言で幕が開き、50組のアーティストが繰り広げた歌の祭典で一年を締めくくった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 13:08
三番瀬で「任侠ヘルパー」と遭遇
三番瀬で「任侠ヘルパー」と遭遇    昨日は大潮で日和もよかったので潮干狩りに出掛けたのだが、思いもよらず「任侠ヘルパー」のロケ現場に遭遇した。  そこでは、黒木メイサ(四方木りこ=「隼會」池袋地区貸元四方木連合・組長役)と加藤清史郎(羽鳥涼太役)が海辺で演技しているシーンを撮影していたのである。  その二人を見て家内が「二人はまったく等身大でしたね」と言ったが、まったくそのとおりだった。  テレビで見るのと実際にお目にかかるのとでは、かなり異なる人が多いのだが、この二人は全く変わらなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/08 10:50
完全制覇目前!! 〜SASUKE2009春〜
 2009年3月30日(月)、TBS系列で19:50から3時間30分に亘って放送された「新時代の英雄誕生!! SASUKE2009」。  全身のパワー・スピード・バランス・持久力そして気力等、人間の全能力が問われる4つのステージで構成される巨大フィールドアスレチック。  1997年に始まった究極のサバイバルアタック「SASUKE」は、今回で22回目を迎えた。  今大会は、番組のタイトルが表わすように、久々に見応えのある闘いを見せてもらった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 10:33
連続テレビ小説「だんだん」〜あらまし&第1・2週のあらすじ 〜
連続テレビ小説「だんだん」〜あらまし&第1・2週のあらすじ 〜  最近、わが家での会話に“だんだん”という言葉を耳にする。“だんだん”とは、島根県の出雲言葉で「ありがとう」の意味だが、わが家では、先週の月曜日(9月29日)からスタートしたNHK連続テレビ小説「だんだん」の影響を受けているのである。  ヒロインの双子姉妹を演じる三倉茉奈・佳奈(通称「マナカナ」)は、1996年度下期の連続テレビ小説「ふたりっ子」でヒロインの子供時代を演じて以来、12年ぶりの再登場である。  早いもので、二人は22歳となりすっかり成長したが演技力もそれに応じて進化・向上してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 14:36
今年も堪能させた「夏の紅白」こと「思い出のメロディー」
今年も堪能させた「夏の紅白」こと「思い出のメロディー」  昨夜(午後7:30〜午後10:00)NHK総合が放送した「第40回 思い出のメロディー」を存分に堪能させていただいた。  毎年8月に放送される「思い出のメロディー」は、「夏の紅白」とも呼ばれている見応えのある音楽番組である。  1969(昭和44)年にはじまり、今年は40回の節目を迎えた。  今年は「〜歌こそ永遠の愛〜」をテーマに、永遠に愛される名曲の数々を、愛のエピソードを添えて豪華キャストと粋な演出で大いに楽しませていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 22:42
舞台は浅草、和菓子と人情のドラマ「あんどーなつ」
舞台は浅草、和菓子と人情のドラマ「あんどーなつ」  東京・浅草の浅草寺では、昨日(9日)と本日の2日間、夏の風物詩「ほおずき市」が開かれている。  境内に軒を連ねる約250軒の露店では竹かごに入った鉢がずらりと並び、ほおずきの実が色鮮やかで、添えられた風鈴が涼しげな音色を奏でている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/10 12:28
迫真・感動のドキュメント!夫婦で挑んだ白夜の大岩壁
迫真・感動のドキュメント!夫婦で挑んだ白夜の大岩壁  昨夜、NHKBS2が放映した「ザ・ベストテレビ“全部”見せます グランプリ作品」の中で実に見応えのあるドキュメンタリーを見た。  それは、去る2008年5月22日、視聴者を感動させた優れたテレビ・ラジオ番組を表彰する第34回放送文化基金賞の本賞を受賞したドキュメンタリー「夫婦で挑んだ白夜の大岩壁」(制作:NHK)である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/15 14:40
「ちりとてちん」 タイトル総集編
「ちりとてちん」 タイトル総集編  2007年度下期のNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の総集編が、一昨日と昨日の2日間に亘りNHK総合テレビで放映された。  なつかしい場面(とは言っても、ほんの少し前のことだが)を目にして、会話や言葉の節々に温かみのある人情味あふれるドラマだった、と改めて感じさせられた。    心配性でマイナス志向のヒロインが大阪で落語家を目指す姿を描いた「ちりとてちん」。  舞台となったのは福井県小浜市と大阪府。  貫地谷しほりが演じる主人公・和田喜代美/後の徒然亭若狭、和久井映見が演じる母... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 11:24
懐かしの佃、月島が舞台 〜NHK朝ドラ「瞳」〜
懐かしの佃、月島が舞台 〜NHK朝ドラ「瞳」〜  一週間前から始まった2008年年度上半期のNHK連続テレビ小説「瞳」の舞台は、私たち家族が1990(平成2)年から約8年間暮らした佃(東京都中央区)と隣町の月島である。    月島名物の「もんじゃ」店が軒を連ねる西仲通り。その通りに面した商店街には、主人公・一本木瞳(榮倉奈々)の祖父・一本木勝太郎(西田敏行)の店「一本木洋品店」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/07 14:45
人間の限界に挑戦する勇者たち 〜SASUKE2008第20回記念スペシャル〜
 TBSが、一昨日(2008年3月26日) 18時55分から4時間番組で放送した「SASUKE2008第20回記念スペシャル」。1997年に始まった究極のサバイバルアタックは、今大会で20回目を迎えた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/28 14:16
「ユトリロ 版画展」と「開運!なんでも鑑定団」
「ユトリロ 版画展」と「開運!なんでも鑑定団」  昨日は東京・新宿へ用事で出掛けたので、伊勢丹本館で開催されている「〜哀愁の古きパリ〜 ユトリロ 版画展」(3月5日(水)〜11日(火))を鑑賞させていただいた。  モーリス・ユトリロ(1883年 - 1955年)は、エコール・ド・パリ(パリ派)を代表する画家である。  ユトリロは、10代でアルコール中毒になり、治療のため、医師に勧められて絵を描き始めた。  彼は生涯を通じて、生まれ育ったモンマルトルを始めとするパリの町並みを描き続けた。  その素朴な画は、不思議な詩情と静謐(せいひつ、... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/06 15:08
のど自慢チャンピオン大会 〜感動、また感動〜
のど自慢チャンピオン大会 〜感動、また感動〜  昨夜、NHK総合が放送した「平成19年度 NHKのど自慢チャンピオン大会」を堪能させていただいた。  今年の大会も、昨年の2月から今年の1月までの1年間に誕生した「今週のチャンピオン」の 中から、厳正なる局内審査を経て15組が選ばれた。  毎週放送の「のど自慢」に出場した予選会を勝ち抜いた20組。その中で合格した数組の中から選ばれた「今週のチャンピオン」でさえ、相当なのど自慢といえる。しかるに、その約50組にも及ぶ「今週のチャンピオン」の中から15組の中に選ばれるということは極めて難関であ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/02 15:17
スポーツマンNo.1決定戦XXXVII (2008.1.1) 観戦記
スポーツマンNo.1決定戦XXXVII (2008.1.1) 観戦記  正月恒例の『筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦 プロスポーツマン大会』が、1月1日18時30分から放映された。  この番組は、10年前の1998年大会でプロ野球・広島カープの緒方孝市選手が見事に総合No.1となって以来、毎年楽しみに観ている。  『筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』シリーズは今大会で37回目を迎えたが、やはりプロスポーツマン大会は見応えがある。  今年も、各界を代表するトップアスリート達がどのような素晴らしい戦いを見せてくれるのであろうか、と期待して観た。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/04 15:08
やはり大晦日は「紅白歌合戦」!
やはり大晦日は「紅白歌合戦」!  昨夜は第58回NHK紅白歌合戦を存分に堪能させていただいた。  やはり大晦日は紅白歌合戦を観ないと年が越せない。紅白を観ると、今年も一年が過ぎ行くな、との実感が湧いてくるのである。  人々の心をやさしく癒してくれる歌、感動を与えてくれる歌。  今年の日本を代表する歌手(グループ)たちがNHKホールへ一堂に会するだけでも素晴らしいことである。この番組だからこそ為し得ることでもあろう。  そして、プロ中のプロたちが4時間20分間に亘って歌う。    「第58回紅白歌合戦」のテーマは「歌... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 20:11
NHKが鋭く掘り下げた「ワーキングプア」
NHKが鋭く掘り下げた「ワーキングプア」  昨夜、これがメディアの為すべき仕事だ!と感じさせられる番組を見た。  その番組とは、NHK総合テレビの「NHKスペシャル ワーキングプアIII 〜解決への道〜」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/17 14:14
「ちりとてちん」 第1週〜第5週(10月1日〜11月3日)あらすじ
「ちりとてちん」 第1週〜第5週(10月1日〜11月3日)あらすじ    伝統と職人の街・福井県育ちのヒロイン・和田喜代美が、笑いと商人の街・大阪で落語家を目指していくNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」。  ヒロイン役の貫地谷(かんじや)しほりを始め芸達者で固めた「ちりとてちん」は、回を追うごとに面白くなってきている。おかげで、私の毎朝の貴重な15分間を占拠されてしまっている、我が家は朝から笑い声があふれている。  この番組も早いもので、昨日(11月3日)で第5週(〜30回)までの放送が終了した。   今後を楽しむためにも、以下に第1週から第5週ま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/04 11:45
 「ちりとてちん」に映える和久井映見
 「ちりとてちん」に映える和久井映見  NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」で、主人公・和田喜代美の母親・和田糸子役を務める和久井映見の演技が光る。なにより、ニコリと笑う笑顔が清清しい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/19 11:24
 知って得する年金アップ術
 知って得する年金アップ術    表題の“知って得する年金アップ術” は、昨日、NHK総合テレビが放送した「生活ほっとモーニング」の中で紹介された。  「生活ほっとモーニング」は、アナウンサーの内多勝康と黒崎めぐみが担当する、軽妙でさわやかな番組である。(放送時間:毎週月曜日〜金曜日の8:35〜9:25) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 11:18
 爽やかな人間ドラマ「ジャッジ〜島の裁判官奮闘記〜」
 爽やかな人間ドラマ「ジャッジ〜島の裁判官奮闘記〜」    昨夜NHKが放送した土曜ドラマ「ジャッジ〜島の裁判官奮闘記〜」は、後味が実に爽やかである。  鹿児島県の南に浮かぶ大美島(架空の島)に妻・麗子(戸田菜穂)と娘・麻衣子(桝岡明)と共に赴任した若き裁判官・三沢恭介(西島秀俊)。  しかし三沢は島でたった一人の裁判官であり、刑事から民事、家事から少年事件まで全てを担当する。  南の島の裁判所を舞台に、島の情緒をたっぷり織り込んだ若き裁判官の奮闘を家族に降りかかる問題とともに展開する物語である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/14 15:35
「どんど晴れ」 全あらすじ
「どんど晴れ」 全あらすじ    4月2日に始まった2007年上半期のNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」は、昨日(9月29日)をもって26週・156回の放送を終えた。  当ブログでは、「どんど晴れ」のあらすじを5週ごとにシリーズとして掲載してきたが、今回はその最終章となった。  あらすじは、できるだけ要点を絞って書いてはみたが、なにせ放送時間が延べ2340分(39時間)に及んだ「どんど晴れ」だけに、長文となっている。  したがって、以下の記事を読まれる方は、時間に余裕があり、この番組をじっくり思い返してみたいと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/09/30 14:15
『どんどはれ』で幕を下ろした「どんど晴れ」
『どんどはれ』で幕を下ろした「どんど晴れ」    4月2日に始まった「どんど晴れ」が、本日をもって全ストーリーの放送を終えた。  26週、156回に亘って放送されたが、(あらゆる形で)全話を見て、楽しませていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 15:33
 牙をむいた鋼鉄の魔城 〜新SASUKE2007秋〜
 TBSが、昨夜(2007年9月19日) 18時55分から2時間(?)番組で放送した「新SASUKE2007秋」。10年目の今大会で19回目を迎えた。  昨年秋、「SASUKE オールスターズ」の長野誠(漁師「第28金比羅丸」船長)に7年ぶりの完全制覇を許し、2007年春に生まれ変わった鋼鉄の魔城。  今回さらにグレードアップした究極のサバイバルステージに100人の勇者たちが果敢に挑戦した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/20 14:23
 欽ちゃん、無理は禁物ですよ!〜70キロマラソン〜
 欽ちゃん、無理は禁物ですよ!〜70キロマラソン〜  タレントの萩本欽一(66)が70キロのマラソンに挑戦した。(マラソンというよりウォーキングだったが。)  日本テレビ系で18日午後6時30分から19日午後8時54分まで放送した「「24時間テレビ30 『愛は地球を救う』」」の目玉の一つとして。  今年30回目を迎えた番組で、1978年の第1回放送で司会者を務めた欽ちゃんが恒例のチャリティーマラソンに挑んだ。66歳という年齢は92年のマラソン開始から最高齢のランナー(これまでの最高齢は、05年に当時59歳で出場した丸山和也弁護士)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/20 15:50
 「どんど晴れ」 第1週〜第20週 (4/2〜8/18)  あらすじ
 「どんど晴れ」 第1週〜第20週 (4/2〜8/18)  あらすじ    NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」は、ヒロイン・夏美役を演ずる比嘉愛未の明るい笑顔とすっかりお馴染みとなった面々が織り成すドラマを毎日楽しく観させていただいている。  4月2日に始まった「どんど晴れ」だが、昨日(8月18日)をもって早くも第20週(〜120回)の放送が終了した。  9月29日まで全26週の放送なので、残すところ6週となった。  これからどんな「結」へと展開していくのであろうか。最後まで目を離せない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/19 15:51
 吉永小百合〜言葉で紡ぐ、平和への願い〜
 吉永小百合〜言葉で紡ぐ、平和への願い〜  女優の吉永小百合は、原爆詩の朗読会を21年間続けている。  吉永小百合は、深い悲しみを湛えた詩の朗読を通して、原爆の悲惨さ、戦争の恐怖そして平和の尊さと生命の重みを切々と訴えている。  できるだけ多くの子供たちの前で朗読したいと全国の小中学校に足を運んでいる。出演料は一切受け取らず、ボランティアでの活動だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/17 10:51
けなげに生きる少年の姿に感動〜はだしのゲン〜
けなげに生きる少年の姿に感動〜はだしのゲン〜    8月10日、11日の2夜連続でフジテレビが放送した『はだしのゲン』は、原爆の恐怖・悲惨さと生命の重さを訴えた力作であった。  このドラマでゲン(中岡 元)役を務めた小林廉君と弟・進次と進次に瓜ふたつの原爆孤児・近藤隆太役を務めた今井悠貴君の演技に感動した。広島に投下された原子爆弾で被爆し原爆症に侵された少年・ゲンは、生き地獄を味わい、家族の命をも奪われながら、母と生まれたばかりの妹を必死に守り前向きに生きた。  泣き顔も見せず、けなげに精一杯生きる姿は、見る人々をどれだけ勇気づけたこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 14:20
「その時歴史が動いた」〜視聴者が選んだ名言・格言〜
「その時歴史が動いた」〜視聴者が選んだ名言・格言〜    NHK総合テレビで毎週水曜日22時から放送している「その時歴史が動いた」が、まもまく第300回を迎える。  毎回、歴史を動かした人物(日本人主体)一人に焦点を絞って、膨大な資料を紐解いて真相に迫る。そして、キャスターを務める松平定知アナウンサーが、独特の語り口で見る者の目をブラウン管に集中させる。  2000年3月29日の第1回放送「運命の一瞬、東郷ターン〜日本海海戦の真実〜」から、早や7年半が経過する。    その間、当番組に登場した偉人たちが、それぞれの激動の人生からあふれ出... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/04 15:15
味わい深い名作〜遠い国から来た男〜
   昨夜(7月23日)TBS系列で放送した『遠い国から来た男』に感動した。  46年ぶりに再会した初老の男女三人。中米の国で小さな農園を開いている津山雄作(仲代達矢)。雄作のかつてのフィアンセ、典子(栗原小巻)は、雄作と同期入社の岡野卓己(杉浦直樹)と結婚して40数年が経過し、孫が3人いる。  人生にひとつの区切りをつけ、これから向かう先を模索する三人の味のある演技を堪能した。特に仲代達矢の味のある表情や立ち居振る舞いには唸らされるばかりであった。これぞ正に役者の真骨頂だ。  三人を取... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 14:30
「どんど晴れ」 第11週〜第15週 (6/11〜7/14) のあらすじ
「どんど晴れ」 第11週〜第15週 (6/11〜7/14) のあらすじ    「どんど晴れ」はストーリーがよく練られており実に面白いので、毎日の放送から目が離せない。  ヒロイン・夏美役を演ずる比嘉愛未(ひが まなみ)の演技力もますます向上してきたし、笑顔もさらにさわやかになってきた。  4月2日にスタートしたNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」は、9月29日まで全26週(全156回)の放送予定だが、一昨日(7月14日)の放送で早くも第15週(〜90回)が終了した。    以下に、節目として、第11週から第15週までの“あらすじ”をまとめておきたい。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/15 14:52
心に残る 「ザ・ロード 〜わたしの旅〜」
心に残る 「ザ・ロード 〜わたしの旅〜」    昨夜、NHK総合で放送された、プレミアム10 「ザ・ロード 〜わたしの旅〜」は、これまで見た旅番組とは一味違う見応えのある旅であった。  1時間30分の番組の中で、二つの異なるテーマを巡る旅をじっくり紹介した。    この旅を提案したのは、2005年に文化庁が公募した「わたしの旅――日本の歴史と文化をたずねて」において特別賞を受賞した二人。  小泉首相(当時)などの提唱により行われた公募だが、全国のサラリーマン・主婦・地域のボランティアなどから、786のプランが寄せられている。い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 15:18
「どんど晴れ」の語り・木野 花の素顔
「どんど晴れ」の語り・木野 花の素顔    NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」で岩手弁の語りを担当している、木野 花。  すっかり耳慣れた木野 花の語りは、温かい響きを持っており、このドラマになくてはならない存在だ。  「どんど晴れ」では顔が見れないので、以下に木野 花の素顔を探ってみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 14:54
高島忠夫を支えた家族の絆
高島忠夫を支えた家族の絆  昨夜(6月26日)日本テレビ系列で放送されたドキュメンタリードラマ「うつへの復讐〜絶望からの復活〜」。  「うつ」という明るくないテーマながら、芸能界きっての仲良しファミリーとして知られる高島家を襲った悲劇ということでチャネルを合わせた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/27 15:12
「どんど晴れ」 第6週〜第10週 (5/7〜6/9) のあらすじ
「どんど晴れ」 第6週〜第10週 (5/7〜6/9) のあらすじ    NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」は、一昨日(6月9日)で第10週(〜60回)までの放送が終了した。  ドラマはますます面白くなってきており、毎日の放送が心待ちとなり目が離せられなくなった。  ヒロイン・夏美役を演ずる比嘉愛未(ひが まなみ)の明るい笑顔が素晴らしく、毎朝、心をさわやかにしてくれる。 そして、小田和正が歌う主題歌の「ダイジョウブ」も清清しく、木野 花の語りもなかなか味があっていい。  「どんど晴れ」は、4月2日の放送開始から9月29日まで全26週(全1... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/11 13:08
市川亀治郎の実像に迫る 〜「風林火山」の武田晴信役〜
市川亀治郎の実像に迫る 〜「風林火山」の武田晴信役〜    歌舞伎界のホープ・二代目市川亀治郎。  初の映像出演となったNHK大河ドラマ「風林火山」の武田晴信(信玄)役が清新で好評だ。   目の輝きといい、歩き方や座り方などの立ち居振る舞いといい、重厚なドラマにふさわしい堂々たる演技を見せている。  市川亀治郎はなぜ、この若さでこのような演技ができるのであろうか、その実像に迫ってみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/05 16:37
加藤登紀子が歌う「千の風になって」
加藤登紀子が歌う「千の風になって」    昨夜(6月3日)、テレビ東京系で放送された「音遊人(みゅーじん)」で、加藤登紀子が「千の風になって」を歌った。  歌手生活42年。ある時は畑に立ち、ある時は教鞭をとり、また、ある時は陶芸を楽しみ、ある時は声優もこなす、加藤登紀子。  音楽を楽しんでいる人を音(楽)で遊べる人=音遊人(みゅーじん)と呼ぶ、この番組。  今も新しい自分を感じていく瞬間瞬間に面白さを見出している、加藤登紀子の姿を映し出した。    番組では。「千の風になって」を訳詞、作曲した新井満と加藤登紀子の対談シ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/04 15:32
「アジアの歌姫」 テレサ・テンの生涯
   昨夜(6月2日)、テレビ朝日系列で放送した「テレサ・テン物語〜私の家は山の向こう」は、アジア、欧米、アフリカなど世界30の国と地域でもほぼ同時に放送された。  200万枚の大ヒットとなった「時の流れに身をまかせ」や「つぐない」「空港」「愛人」「別れの予感」など数々のヒット曲で知られるテレサ・テンは、日本だけではなく全アジア地域で中国人を主体に圧倒的な支持を得ていた。  「アジアの歌姫」と呼ばれ、栄光の階段を上りつつも不正入国、ホテル王との婚約破棄、スパイ容疑、そして12年前に42歳の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/03 17:45
藤沢周平ドラマ 「清左衛門残日録」
 NHKBS2で昨夜(5月8日(火)後7:45〜9:00 )から、蔵出しエンターテイメントとして「清左衛門残日録」(せいざえもんざんじつろく)の放送が始まった。  当番組は、1993年(平成5年)にNHK金曜時代劇で放映された時代劇で、藤沢周平の傑作長編小説『三屋清左衛門残日録』をドラマ化したもの。  清左衛門の老いゆく日々の命の輝きを、いぶし銀にも似た見事な筆で描いた、見ていて、じんわりと心が温かくなる作品。  当番組作品は、放送文化基金賞、第31回ギャラクシー賞ならびに第2回橋田... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/09 09:03
「どんど晴れ」 第1週〜第5週のあらすじ
   NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」は、昨日(5月5日)で第5週(〜30回)までの放送が終了した。   ヒロイン・夏美役の比嘉愛未(ひが まなみ)は、当初こそ演技に固さが見られたものの、回が進むごとにゆとりが出てきて、演技力も向上してきている。そして、なにより、明るい笑顔が素晴らしく、見ている者の心をさわやかにしてくれる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/06 15:38
見応えのあった「松本喜三郎一家物語」
   昨夜(5月4日)フジテレビ系で放送した、スペシャルドラマ「松本喜三郎一家物語〜おじいさんの台所〜」。  「老後を一人でどう生きるか」をテーマに、三國連太郎と安田成美を中心に据えた豪華キャストで、しみじみとした親子の情愛を描いた見応えのある作品であった。  その作品を振り返って、以下に書き留めておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/05 14:00
『BS日本のうた』の公開録画を観賞
   昨夜は、『BS日本のうた』(NHKのBS2で日曜日の19時30分〜21時放送)の公開録画を観賞させていただいた。  会場は、わが家から徒歩30分の地にある市川市文化会館大ホール。18時開場、18時40分開演。  当ホールは収容人員1,945人。市川市に生涯の大半を過ごした日本画家の東山魁夷作「緑の微風(そよかぜ)」の舞台緞帳は見応えがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 23:43
愛と感動のドラマ 「1リットルの涙」
   愛をテーマとしたドラマに定評のあるフジテレビが昨夜放送した、「1リットルの涙 特別編〜追憶〜」。  難病に苦しみながらも、ひたむきに生きる亜也の感情をしっかり表現した沢尻エリカ、友の切ない気持ちを自分のことのように受け止め涙する遥斗役の錦戸亮。  子を思う母・潮香の心情を痛切に表現した薬師丸ひろ子、同じく父親・瑞生役を担った陣内孝則。  命の尊さが胸に重く響く。わが子を思い、家族を思い、友を思う愛に包まれたストーリーに涙と感動なくしては見ることができなかった。  そして、これら出... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/06 14:09
朝ドラ「どんど晴れ」 鑑賞ガイド 〜夏美のさわやかな笑顔〜
   NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」が、今週の月曜日(4月2日)から始まった。  今朝まで4回の放送を見ての印象は、全体に華やかでひと際ヒロイン・夏美(比嘉愛未・ひが まなみ)の明るい笑顔がさわやかだ。  夏美には、人を笑顔にさせる天性の魅力があり、こちらも気持ちがよい。  このドラマを見れば、一日が清清しい朝で始まる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/05 15:38
お別れの 「芋たこなんきん」 ありがとう!
   NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」が昨日(3月31日)で終了した。  作家・田辺聖子さんの半生と数々のエッセイ集をベースに描かれた、愛に包まれた作品であった。  田辺聖子さん(番組では、藤山直美演じる花岡町子)が36年間連れ添った川野純夫(かわの・すみお)さん(通称「カモカのおっちゃん」(「噛もか」という口癖から付けられた愛称)、番組では、國村隼演じる徳永健次郎)との夫婦愛を中心とした作品であった。    二人の仲睦まじさは、本年1月4日付の記事 “田辺聖子と 「カモカのおっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 21:43
最後まで楽しませた 「拝啓、父上様」
   フジテレビ系列で放送した「拝啓、父上様」も、昨夜が最終話(=第11話)であった。  倉本聰が神楽坂の風情を生かし、地味でありながらコミカルな面も織り込んで、丁寧に作った作品であった。  日本の香り漂う伝統の花柳界がいまだ息づき、江戸情緒が今なお残る、東京・神楽坂。  この街の老舗料亭『坂下』を舞台に、変わりつつある街と、そこで暮らす人々の姿を描いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/23 19:06
見応えのあった「華麗なる一族」
   TBS系列で昨日(3月18日)放送した、「華麗なる一族」の最終回『決意の死〜未来へ』。  1月14日に第1話が始まり、10話目となる今回まで、大いに楽しませていただいた。  北大路欣也と木村拓哉の演ずる万俵父子の最後まで続いた葛藤。絶望して死を選んだ鉄平。その死で思わぬ間違いが発覚、激しい慟哭と後悔。そして、むなしい結末。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/19 15:57
ミヤコ蝶々 〜笑いと涙の女の一生〜
   昨夜(3月15日)、テレビ朝日系列で放送した『ミヤコ蝶々物語』。  ミヤコ蝶々の生き様を見事なまでに好演した久本雅美に、まずは拍手を送りたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/16 17:50
いつもスタートライン 〜秋川雅史の素顔に迫る〜
 「“千の風になって”は、広い意味でLoveです。この曲を聴いて愛を感じてくれるといいですね。」と語るテノール歌手の秋川雅史さん。  これは、去る3月4日夜にテレビ東京で放送した、「音遊人(みゅーじん)」“秋川雅史 特番”の冒頭シーン。  昨年のNHK紅白歌合戦で「千の風になって」を熱唱して、一躍脚光を浴びた秋川。  クラシック系アーティストとして初のオリコン1位を獲得するなどで、超多忙な秋川の素顔に迫っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/07 16:29
春、エネルギーの命を食す
 「これから咲こうとする力が命のエネルギーそのものなのです」と語るのは、料理研究家の辰巳芳子さん。  辰巳芳子さんは、今、最も注目を集める料理家である。  「あなたのために いのちを支えるスープ」と題した著書は、12万部を越えるベストセラー。  自宅で開く料理教室は予約が3年先まで埋まっており、常に500人待ちの状態。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/06 17:13
中国舞踊「千手観音」と千手観音像
 昨夜、日本テレビが「極上の月夜」で再度放送した、中国民族舞踊 「千手観音」。  中国障害者芸術団の演じる「千手観音」は、昨年の10月16日に同番組でじっくり放送したが、“感動”の一語に尽きる芸術だ。  しかし、昨夜の番組は興味本位に演出された内容となっており、さすがの私も幻滅させられた。日本テレビの品位と芸術に対する取り組み姿勢を問いたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/06 16:39
個性がぶつかり合う〜「華麗なる一族」第4話〜
 TBS系列で昨夜放送した「華麗なる一族」の第4話 『悲しき裏切り』。  ストーリーが進展してくるにつれて、登場人物の個性が際立ってきた。このドラマは、それぞれに異なる個性と個性とがぶつかり合う様を見る面白さもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 14:17
苦悩・奔走する鉄平 「華麗なる一族」 第3話
   TBS系列で昨夜放送した、「華麗なる一族」の第3話 『引き裂く運命』。  今回のストーリーの主体は、阪神特殊製鋼の高炉建設資金調達に奔走する同社専務・万俵鉄平(木村拓哉)の姿。 資金調達ができるのか、叶わずに高炉建設を断念せざるを得ないのか。苦悩しながら奔走する鉄平の姿に焦点が当てられた。  さらに、金融再編成の荒波の中で、小が大を呑み込む合併を画策する、阪神銀行頭取・万俵大介(北大路欣也)の姿を並行して映し出していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/29 12:08
見応えあった大女優対決 「拝啓、父上様」 第3話
 フジテレビ系列で昨夜放送した、「拝啓、父上様」。第3話の昨夜は、見どころが4点あった。    第1点は、森光子と八千草薫の大女優対決。  前回(第2話)、夢子(八千草薫)の愛人で大物政治家の熊沢清次郎(小林桂樹)が病気で亡くなった。お通夜の会場へと、田原一平(二宮和也)の運転する車に乗って出掛ける。その車には、夢子と熊沢の間に出来た律子(岸本加世)と孫のエリ(福田沙紀)も同乗していた。 しかし、立場をわきまえた夢子は、遠くに家の灯りを見ながら、離れた車の中で手を合わせることしかできなか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/26 13:59
重厚なドラマに仕上がった 「華麗なる一族」
   TBS系列で昨夜から始まった、「華麗なる一族」。  山崎豊子原作で、高度成長期の銀行合併をめぐる政財界の内幕と、父と子の葛藤を中心とした家族の愛情と憎しみのぶつかり合いを描いた作品。  TBS開局55周年記念特別企画という触れ込みどおり、豪華な俳優陣と徹底してこだわった衣装やセットを見ることのできる作品でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/01/15 14:51
見応えのある作品 「拝啓、父上様」
   フジテレビ系列で昨夜から始まった、「拝啓、父上様」。  倉本聰が「優しい時間」以来、2年ぶりに書き下ろした連続ドラマということで、期待して見させていただいた。  感想を一言で言うと、配役もよく、丁寧に作られた見応えのある作品であり、今後が楽しみである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 12:05
今後に期待を持たせた 「風林火山」
   1月7日からスタートした、NHK大河ドラマ 「風林火山」。  第1回「隻眼(せきがん)の男」では、主人公の山本勘助を演じる内野聖陽の演技力に圧倒された。凄まじいまでに迫力のある表情をごく自然に表現していた。動きや形もよい。  このドラマを見た人には、今後に期待を抱かせるスタートが切れたものと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/09 16:16
時代の波に翻弄された 「白虎隊」
 テレビ朝日系列で、1月6日・7日の2夜連続で放送した、「白虎隊」。  幕末の動乱が生んだ悲劇“飯盛山で自刃して果てた19人の少年”。17歳と16歳の少年で編成した会津白虎隊の隊士は315名。その中で29名が戦死し、19名が自刃して果てた。生存者267名。  この史実をいかに表現するかというのは、脚本家の妙となる。今回のドラマは、内館牧子が脚本を書いている。  脚本をどの視点から書くか。どの部分を訴えるか。史実をありのままに再現するのか、もしくは、ある事象を脚色しながら再現するのか。誰を中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/08 15:49
愛と感動のドラマ 「佐賀のがばいばあちゃん」
   昨夜、フジテレビ系列で放送した「佐賀のがばいばあちゃん」。 「がばい」とは佐賀弁で「すごい」という意味。  タレントの島田洋七が、自らの幼い頃のエピソードを綴り超ベストセラーとなった、同名の本を基にドラマ化した。  時代は、戦後間もない昭和30年代。あの時代は、みんな貧しかった。その中でも、とりわけ貧しかった、おさのばあさん。  だが、それを少しも苦にしない。明るさを忘れず、人間の本当の幸せを求めて、常に前を向いて生命力豊かに歩いている。そして、孫の昭広を楽しく夢のある少年に育て上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/05 16:07
田辺聖子と 「カモカのおっちゃんとの笑いと涙の日々」
   1月1日の夜、NHK教育テレビで「知るを楽しむ・人生の歩き方スペシャル」が放送された。  その中で、田辺聖子さんの生き方について映し出されていた。  言うまでもないが、現在、NHKで放送している連続テレビ小説「芋たこなんきん」のストーリーは、田辺聖子さんの半生と数々のエッセイ集をベースに描かれている。  この日の番組では、「おっちゃんとの笑いと涙の日々」をテーマとして制作されていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/04 12:12
熾烈な戦いを繰り広げた「スポーツマンNo.1決定戦」
   昨夜、TBS系で放送された、「筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XXX IV」。毎年元日の 恒例番組として定着し、私が正月に最も見たい番組の一つとなっている。  第13回プロスポーツマン大会だけに、春と秋の芸能人大会とは違って見応えのある戦いを 堪能した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 12:27
見応えとハプニングのあった紅白歌合戦
 昨日は、毎年恒例の「NHK紅白歌合戦」を堪能した。  やはり大晦日は、紅白歌合戦を見るのが楽しみだ。これをテレビで見ていると、今年一年を 終える感慨がふつふつと湧いてくる。そして、一年のラストを音楽で締め括るというのも素晴ら しいことだ。わが家では、何十年と続いている年中行事でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/01 16:37
「天使のピアノ」 〜石井筆子・知的障害児教育の道〜
   NHKが昨夜の「その時歴史が動いた」で放送した、「母の灯火 (ともしび) 小さき者を照らし」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/12/21 16:12
二人の心は今でも一つ 〜「功名が辻」 最終回「永遠の夫婦」〜
   昨夜(12月10日)NHKが放送した、「功名が辻」第49回「永遠の夫婦」。いよいよ迎えた最 終回。サブタイトルは、今年1年間見続けた千代と一豊の温かい夫婦愛を髣髴させる、締めくく りにふさわしいネーミングだ。最後まで、心憎い演出である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 13:20
凄惨を極めた「硫黄島の戦い」〜戦場の郵便配達〜
   昨夜(12月9日)、フジテレビが放送した、「硫黄島〜戦場の郵便配達〜」。  36日間に及ぶ凄惨を極めた戦いで、日米両軍併せて約5万人の戦死傷者を出した「硫黄島 の戦い」。死を覚悟した戦場で唯一兵士たちの心を癒したのが、家族からの手紙。その手紙 の重みを題材にした、史実に基づくドラマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/10 14:02
犬との交流で開かれた心 〜君が光をくれた〜
 昨夜(12月4日)TBSテレビ系で放送した、「君が光をくれた」。心傷ついた少女と虐げられた 犬が交流を始めることで、お互いが生きる希望を見い出すまでを描いた感動の物語。  「子供たちが、被害者や加害者になる悲惨な事件が後を絶たない、いまだからこそ、人と人 のあたたかな心のつながりを大切にしたい」。「大人も子どもも困難にぶつかった時に、人生を やり直そうとか、生きていく力になれば…」との制作者たちの熱い思いが込められていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 12:37
一豊の出世街道を振り返る〜「功名が辻」第48回〜
 昨夜(12月3日)NHKが放送した、「功名が辻」第48回「功名の果て」。  一豊のむごい所業に業を煮やした千代は、一豊に三下り半を突きつけて浦戸城を出るのだ が・・・。  今回のあらすじと、一豊がこれまで歩んできた出世街道をまとめてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 11:18
9.11テロで打ちひしがれた心も癒した 「明日に架ける橋」
   私は今、サイモン&ガーファンクルが歌う「明日に架ける橋」を聴きながら、この記事を書いて いる。  ピアノが奏でる軽やかなメロディーで前奏が始まる。それから一転して、アート・ガーファンクル が、透きとおるような声で、ささやくように、慰めるように、静かに語りかけるように歌う、1番と2番。 明るい未来に向かって羽ばたく君にエールを贈る3番は、二人のハーモニーで、声高々と謳い 上げる。  これほど、胸に迫る曲も少ない。私の好きな大事な曲の一つだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/28 13:12
一豊の無策が生んだ悲劇 〜「功名が辻」第47回〜
 昨夜(11月26日)、NHKが放送した、「功名が辻」第47回「種崎浜の悲劇」。今回は、架空 の登場人物、望月六平太(香川照之)がその役目を終えて自害した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 10:02
「遙かなる約束」〜二人の愛に支えられ極限を生き抜いた感動の実話〜
 フジテレビ系で昨夜(11月25日)放送した、「遙かなる約束〜50年の時を越えた運命の愛〜」。  戦争に翻弄されながらも、愛に支えられて極限状態の中を必死に生き抜いた男の物語だった。  戦争が引き裂いた愛。戦争がゆえに結ばれた異国での愛。  愛するがゆえに待ち続けた久子。愛するがゆえに別れを選んだクラウディア。  二人の愛に支えられて、極限状態の中を必死に生き抜いた蜂谷弥三郎。  国境を越え、50年という時代をも超えて謳い上げた感動の夫婦愛。奇跡的な愛の実話であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 14:34
「虹を架ける王妃」〜時代に翻弄されながらも、貫いた夫婦愛〜
 昨日(11月24日)、フジテレビ系で放映されたドラマ「虹を架ける王妃〜朝鮮王朝最後の皇 太子と方子妃の物語」。1910年の日韓併合後の時代を、実在した主人公2人の夫婦愛を中 心に据えたドラマであった。日韓の和解と協力という姿勢で描かれた作品でもあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 11:56
第二の人生いかに生きる 「熟年結婚 −妻への詫び状−」
 テレビ東京が昨夜( 11月22日21:00〜22:54 )放送した、スペシャルドラマ「熟年結婚 −妻 への詫び状−」文化庁芸術祭参加作品。私と同じ団塊の世代の主人公が、亡き妻の夢を定 年退職後に果たそうとする男の物語。  昨年放送された「熟年離婚」とは裏腹のタイトルだが、どのようなストーリーを展開したので あろうか。そして、観る者に何を訴えたかったのであろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/23 10:32
大詰めで暗転 〜「功名が辻」第46回〜
 昨日(11月19日)、NHKで20時から放送した、「功名が辻」第46回「土佐二十万石」。  全49回で完結する物語。46回目と大詰めを迎えた今回だが、雲行きが怪しくなってきた。 ハッピーエンドに向けてスムースな「結」(「起承転結」の「結」)につながるストーリーを期待し たのだが、全く異なる厳しい展開となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/20 12:35
有終の美を飾った 「宮廷女官 チャングムの誓い」
 NHKが昨夜(11月18日)放送した、「宮廷女官 チャングムの誓い」第54話(最終話)「我が 道」。1年1ヵ月間に亘って放送されたこの番組も、気持ちのよいラストを飾った。相思相愛の チャングムとチョンホの成り行きについても、最期の最後までやきもきさせられたが、視聴者に 納得できる形で締め括った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 17:46
人徳が勝敗を決す 〜「功名が辻」第44回〜
 昨日放送された、NHKテレビの大河ドラマ「功名が辻」の第44回「関ヶ原」。  時は、慶長5年(1600)9月15日午前8時、美濃関ヶ原において遂に東西両軍による天下分 け目の決戦の火ぶたが切られた。  家康(西田敏行)のもとに参集した東軍七万五千、三成(中村橋之助)率いる西軍十万、陣 形も兵力も圧倒的に西軍有利。    一豊(上川隆也)は家康の命により、主戦場ではなく、山上に陣取る毛利・長宗我部軍など の押さえとして、南宮山の麓に配される。家康が、一豊の年齢(55歳、今と違って当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 12:36
「泣きながら生きて」 〜家族愛の10年間を描く〜
   フジテレビが昨夜放送した、「泣きながら生きて」。家族の本当のきずなとは何か、夫を、妻 を信じることとは、そして、子どものために親はここまでできるのか。上海、東京、ニューヨーク と3カ所に別れて生活することとなった3人家族の壮絶な10年間を描いた作品。  自分のことより、家族のためにできる限りを尽くす。家族のそれぞれが相手を思いやる愛の 大きさ。それを通して、「愛」の尊さを謳い上げた。  見ていた私の目には、とめどなく涙が流れてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/04 16:07
いよいよ大詰め「宮廷女官 チャングムの誓い」
 NHKが昨夜(10月28日)放送した、「宮廷女官 チャングムの誓い」。第51話「医術の心」を 振り返ってみよう。    ●あらすじ  皇后の子、キョンウオン王子が高熱のため意識を失う。病名は天然痘と判明する。当時は、 治療法が確立されておらず、運良く助かっても重い後遺症が残る難病だった。  王子を助けることで必死となる皇后。医者にすぐに治せと強く迫る。伝染病で自らが感染す る危険も省みず、役人たちの制止をも振り切り、王子を抱きかかえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/29 10:04
後世に名を残した細川ガラシャ 〜「功名が辻」第42回〜
   昨日放送された、NHKテレビの大河ドラマ「功名が辻」の第42回「ガラシャの魂」。今回は、 細川ガラシャが壮絶な最期を遂げる。この歴史的なシーンをメインとしたストーリーであった。  時は、関ヶ原合戦が始まる2カ月前の慶長5年(1600年) 7月。  石田三成(中村橋之助)は、徳川家康(西田敏行)との戦いを有利に運ぶため、諸大名の妻 たちへ書状を発した。大坂に残る妻子を屋敷に閉じ込め、人質にとるつもりだ。その中で、丹 後の大名・細川忠興の妻、ガラシャ(長谷川京子)を標的にした。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/23 10:12
「千手観音」現世を超越した演技!!
 一昨日の16日(月)夜。日本テレビが放送した新番組「極上の月夜(げつよる)」を見た。  この目で見た中国民族舞踊 「千手観音」は、今でもその感動が胸に迫ってくる。人間のなせ る演技とは思えない。いや、この表現では不適切だ。 “この世の演技とは思えない” と言った 方が妥当な表現であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 15:33
息詰まる展開を見せた 「SASUKE 2006秋」 〜7年ぶりの完全制覇なる〜
 TBSが、昨夜18時55分から3時間番組で放送した「SASUKE 2006秋」。9年目の今大会で17 回目を迎えた。息詰まる展開を見せた戦いを振り返ってみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/12 14:20
工夫が欲しいスポーツ番組 「筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」
 少し遡るが、TBSのテレビ番組、「最強の男は誰だ!筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦 XXXV」が、10月4日夜、2時間番組で放送された。  スポーツ番組の好きな私は、今回はどのような好ゲームが展開されるのかを期待しながら 見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/10 15:11
クライマックスを迎えた「宮廷女官 チャングムの誓い」
 NHKで放送中の「宮廷女官 チャングムの誓い」は、昨夜放送された第48話「チェ一族の崩 壊」で、このドラマのクライマックスを迎えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/08 13:25
毎日が楽しくなる!人情喜劇「芋たこなんきん」
10月2日から始まった、NHK朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」。この番組を見ると、 朝から心地よく笑って、今日一日のパワーをもらうことができる。今後が大いに楽しみな 番組だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 13:15
豊臣秀吉の壮絶な最期を熱演した柄本明 〜「功名が辻」第39回〜
 10月1日に放送された、NHKテレビの大河ドラマ「功名が辻」の第39回「秀吉死す」。 今回の柄本明さんの演技は、見事の一言につきる。豊臣秀吉の壮絶な最期を、真に迫る見 事な演技を見せた柄本明さんに、見終わった後、私はこれまでのねぎらいを込めて拍手を送った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/10/03 15:13
みのもんたと石原慎太郎が「さしのみ」
 昨日の23時55分から、日本テレビ放送された“みのもんたの「さしのみ」”が“大放談!石原 慎太郎”と題して放送された。  「さしのみ」とは、「さし」で「のむ」。それは、互いに腹を割って語り合う、コミュニケーションの 原点。酒を酌み交わしながら、人と人とが心を通わす姿を描き出す。それが「さしのみ」のスタ イル。ということで、今年の4月3日から始まった番組だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/26 15:33
野口五郎の迫真の演技に感動 〜「功名が辻」の副田甚兵衛役〜
 話しは少し遡るが、NHKテレビの大河ドラマ「功名が辻」の第35回/49回「北条攻め」を見 て感動した。9月3日の日曜日午後8時からの放送を見てのことである。「功名が辻」の話の 柱は、後に土佐藩二十万石の大大名へと上り詰めた山内一豊(上川隆也)と一豊を内助の功 で支えた千代(仲間由紀恵)の物語である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/23 13:11
間 寛平さん、感動をありがとう
 今朝、日本テレビの番組“ザ・サンデー”で、「独占・間 寛平・・・24時間テレビ挑戦に初孫 秘話」を放送していました。 内容は、タレントの間 寛平さんが、陸上・十種競技でマスターズ(55〜59歳)の部で日本記録 に挑戦した模様とその裏話でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/03 13:29
適職と天職
 「オーラの泉」というテレビ番組が、テレビ朝日で毎週水曜日23:15から放送されていま す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/19 13:07

トップへ | みんなの「テレビ番組」ブログ

悠々寛大 テレビ番組のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる