悠々寛大

アクセスカウンタ

zoom RSS 「数独(SUDOKU)」を楽しむ(適度に)

<<   作成日時 : 2006/10/22 14:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 「数独」は、シンプルだが、ハマってしまうパズルだ。私が「数独」に出会ったのは、7〜8年
くらい前だったであろうか。 朝日新聞の土曜日の朝刊に掲載されたのを目にしたのが運のつ
きだった。それがご縁でハマってしまった。同紙では現在でも3週間に1回くらいの頻度で掲
載されている。私は今でも、「数独」掲載日が待ち遠しい。

 「数独」の難易度は、レベル1から始まってレベル5まである。最初は、やさしいはずのレベ
ル1を解くのにも時間がかかった。升目に細かい数字を黒くなるまで書き入れて解いたもの
だ。
 しかし、今では、レベル5でも、細かい数字を書き入れなくてもスムースに解ける。
 一時期は、書店で「数独」の本を10冊程度買って、夢中で解いたこともある。しかし、解いて
いると時間があっという間に過ぎてしまう。これではいけないと思って、2年くらい前に本棚の
奥に眠ってもらうことにした。
 だが、今でもたまには楽しんでいる。新聞や雑誌上に掲載された時やインターネット上の
「読売新聞yorimo」(毎週1回更新)を楽しんでいる。

 それでは、「数独」を簡単に紹介しよう。

●「数独」とは
 「数独」は、もともとアメリカで考案されて、パズル雑誌に「Number Place」として掲載されて
いた。それを、潟jコリの創業者が1984年に見つけて、日本に持ち込んだ。これを洗練さ
せ、“数字で遊ぶなら独身に限る”からと「数独」の名をつけた。22年前のことである。
 
 そういうことで、脚光を浴びるまでにはかなりの期間を要したが、最近では、新聞・雑誌だけ
でなくゲーム機の「ニンテンドーDS」ソフトなどでも発売されている。
 さらに、日本だけでなく、海外でもイギリス、アメリカを始めとして「SUDOKU」の名前で大人
気になっている。現在では、世界70カ国、約8千万人の愛好家がいるという。
 オックスフォード辞典にも、「SUDOKU」が掲載されている。

●ルール
 ルールそのものは簡単。
 ・縦9列、横9行、太線で囲まれたブロック(縦3×横3)9つのどれにも、1から9までの数字
が1つずつ入る。
 ・空白のます目に、1から9までの数字のどれかを入れる。
 ・縦・横の各列と太線で囲まれた3×3のブロックに、同じ数字が入ってはいけない。

                   〔問 題 例〕
画像

●解き方
 上記問題例の、縦列の左から3列目に6を入れてみよう。
 上下の太線で囲まれたブロックには、左から1列目と2列目にそれぞれ6が入っているの
で、左から3列目に6が入るのは、真ん中の太線ブロックだけとなる。
 真ん中の太線ブロックの横を見ると、上から4行目と6行目には6が入ってる。
 したがって、左から3列目に6が入るのは、上から5行目だけとなる。

 このように、数字を一つずつ入れていけば解ける。

●「数独」の効能
 「数独」は、論理的に思考することで、脳細胞をしっかり使うので活性化することができる。
最初は慣れないと難しく感じるが、全部解けた時の喜びは大きい。脳の老化を防ぐ役割もあ
る。

 

 今日は、これから「読売新聞yorimo」サイトで「数独」を1問解いてみようと思ったが、19時ま
で定期メンテナンスで休業だった。
今日は、「数独」を解くのはやめにしておこう。
 https://yorimo.yomiuri.co.jp/index.jsp ←「読売新聞yorimo」は、ここをクリック



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「数独(SUDOKU)」を楽しむ(適度に) 悠々寛大/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる