貴重写真発見!ヘレン・ケラー(8歳)とアン・サリバン先生

 目、耳、声の三重の身体障害を克服したことで知られるヘレン・ケラーの8歳当時の写真が見つかった。しかも、映画「奇跡の人」でも知られる家庭教師のアン・サリバンと一緒に写っているものである。
 写真は、米非営利団体ニューイングランド歴史系図協会(マサチューセッツ州ボストン)が3月5日に公表したもの。
画像

 この写真は、1888年7月、ケラー一家が避暑のために滞在していたマサチューセッツ州ブルースターで撮影された。
 椅子に座って人形をひざに乗せた当時8歳のケラーと、彼女に寄り添うように腰を下ろしたサリバン(当時22歳)が写っている。
 前年3月からケラーの教育係になったサリバンは、ケラーの手のひらに指で繰り返し「人形」の文字を書くことで、彼女に言葉を理解させたとされる。
 この写真は正にそのシーンが写されているように見える。
 「doll(人形)」は、ケラーがサリバンと出会って初めてつづりを書いた単語である。

 1888年といえば今から120年前である。日本ではその年(明治21年)の同月(7月)15日には、磐梯山が噴火にともない山体が崩壊、発生した泥流などにより461名が犠牲となっている。
 この時代に鮮明に写された二人の写真は、歴史的にも極めて貴重である。

 この写真は同州在住の男性から寄贈されたアルバムを調べているうちに見つかった。男性の話によると、男性の母親が子供のころ、ケラーの遊び友達の一人だったという。



 この写真が発見されたことを機に、ヘレン・ケラーの年譜を紐解いてみたい。


○ヘレン・ケラーの年譜
画像

 ヘレン・ケラーは、アメリカの教育家・社会福祉事業家である。
 自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。
 また、福祉活動のみならず、広範囲な政治的関心をもち活動した女性であった。当時として先進的な思想をもち、男女同権論者として婦人参政権、避妊具の使用を主張し、また人種差別反対論者であり、また過酷な若年労働や死刑制度、そして第一次世界大戦の殺戮に反対した。

ヘレン・ケラーの年譜
1880年6月27日、アメリカ合衆国のアラバマ州タスカンビアで地主の娘として生まれる。
1882年、2歳(生後19か月)のときに熱病にかかる。
 医師と家族の懸命な治療によりかろうじて一命はとりとめたものの、聴力と視力を失い、話すことさえできなくなった。
 このことから、両親からしつけを受けることの出来ない状態となり、非常にわがままに育つこととなってしまった。
1887年、彼女の両親は聴覚障害児の教育を研究していたグラハム・ベル(電話の発明者)を訪れ、彼の紹介でマサチューセッツ州にあるパーキンス盲学校の校長に手紙を出し、家庭教師の派遣を要請した。
 そして、3月3日に派遣されてきたのが、同学校を優秀な成績で卒業した当時弱冠20歳のアン・サリバン(通称アニー)であった。
 写真は、サリバン先生と指話を交わす7歳のヘレン
画像

 ヘレン・ケラーは彼女のおかげで、目、耳、声の三重の身体障害を克服した。サリバンはその後約50年にもわたってよき教師として、そして友人として、ヘレンを支えていくことになる。

1900年、ヘレンはラドクリフ女子大学(現ハーバード大学)へ入学。
1902年、『わたしの生涯』出版される。
 写真は、当時撮影されたもの
画像

1904年、ラドクリフ女子大学を卒業、文学士の称号を得る。

1906年、マサチューセッツ州盲人委員会の委員となる。
1909年、社会党に入党。婦人参政権運動、産児制限運動、公民権運動など多くの政治的・人道的な抗議運動に参加する。また、著作家としても書き続ける。
 写真は1912年に撮影された、サリバン先生とヘレン・ケラー
画像

1916年、世界産業別労働者組合(IWW)にも共感し、活動に参加。
1917年、ロシア革命を擁護。

1936年10月20日、アン・サリバン死去。享年70歳。
1937年(昭和12年)、日本を訪問。このとき彼女は秋田犬を所望し、後に2頭を贈られた。

1946年、海外盲人アメリカ協会の代表として、ヨーロッパを訪問。
1948年(昭和23年)、2度目の来日。
下の写真は、奈良で和服を着てくつろぐヘレン・ケラー女史(左)
画像

 これを記念して2年後の1950年、財団法人東日本ヘレン・ケラー財団(現東京ヘレン・ケラー協会)と、財団法人西日本ヘレンケラー財団(現社会福祉法人日本ヘレンケラー財団)が設立されている。

1951年、南アフリカを訪問。
1952年、フランス政府からレジオン・ド=ヌール勲章を授けられる。
この年から1957年にかけて、中東、中央アフリカ、北欧、日本を訪れる。
1955年(昭和30年)、3度目の来日。熱烈な歓迎を受けた。

1961年、病気になり、徐々に外界との接触を失う。
1968年6月1日、死去。享年87歳。


 資料出所:時事通信社、フリー百科事典『ウィキペディア』、東京ヘレン・ケラー協会



この記事へのコメント

すごいー
2012年08月09日 11:55
すごいですねー
そんなゆうめいな写真
ラララ
2012年08月09日 12:00
ほんとうにすごいですねー
2012年12月29日 01:06
映画『奇跡の人』を観て、あらためてヘレン・ケラーのたどった人生に大変興味をもちました。自伝を読んだのは小学生の頃。三度も来日されているんですね。もう一度彼女の著書なども読んでみたいと思いました。
優たん
2015年02月10日 08:20
すどいですね

とても勉強になりました

まろん^-^
2015年11月13日 15:09
すごくわかりやすかったです。若いころも見たいです。「二人の」
まろろん
2015年11月13日 15:14
勉強になりました。
2015年11月13日 15:16
すごい本当にびっくりです
2016年02月16日 13:58
すげ
チョコ
2016年02月16日 14:20
すごい
ガンホー
2016年08月07日 11:34
親がお金持ちで良かったですねo(^-^)o

この記事へのトラックバック

  • ヘレン・ケラー wikipedia

    Excerpt: ヘレン・ケラーとサリバン先生の写真発見 約120年前に撮影CNN Japanマサチューセッツ州ボストン(AP) 「奇跡の人」で知られる8歳当時のヘレン・ケラーと家庭教師のアン・サリバン氏を撮影した約1.. Weblog: newsだよ racked: 2008-03-08 11:06