心打たれた!浅田真央の見事な演技!

 浅田真央選手の見事な演技と滑り終わった後の涙と笑顔に心を打たれた。

 ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーが日本時間21日未明に行われた。結果は、末尾記載の通りであるが、女子フリーの演技としてはオリンピック史上最もハイレベルの試合だったと思う。

 その中で、浅田真央の演技は素晴らしかった。
 浅田はフリーで142.71点をマークし、昨年のグランプリシリーズ第4戦、NHK杯で記録したフリーの自己最高スコア、136.33点を更新した。最終グループだったらもっと高い点数が出ていたに違いない。

 誰もが待っていた浅田真央の姿だった。
 フィニッシュと同時に涙があふれ出る。嗚咽が漏れる口を左手で押さえ、気持ちを落ち着かせて周りを見渡すと、総立ちの観客から温かい拍手が降り注いでいた。
 涙が笑顔に変わる。それはいつもの、誰をも元気にする、お日様のような笑顔だった。

画像

                          演技を終え、笑顔を見せる浅田真央

 フリー演技終了後のインタビューで浅田真央は次のように語った。
「これが自分がやろうと思っていた構成なのでよかった。
 今朝の練習もそこまで良くなかったので、とにかく自分のやりたい演技をしようと思った。ジャンプ一つ一つをクリアに飛んでいこうと思った。
 昨日の演技はとても残念で、とても悔しくて、取り返しのつかないことをしてしまった思いがあるが、フリーでは自分が4年間やってきたこと、そしてたくさんの人に支えてもらったので、その恩返しもできたのではないかと思う。
 自分が目指しているフリーの演技が今日できて、結果は良くなかったかもしれないが、私なりの恩返しができたと思う」

 これまでの集大成の演技が最後の最後に出来た。終わりよければ全てよし!

 真央ちゃん、6位入賞おめでとう!
 



 両足小指の痛みに耐えながらは自分の演技を貫いた鈴木明子選手にも拍手を送りたい。
 
 8位入賞おめでとう。



 村上佳菜子選手には今大会の経験を糧として今後益々の飛躍を期待したい。


 最後に、銅メダルに輝いたイタリアのコストナー選手も称えたい。
 彼女は長身を生かしたダイナミックな演技が魅力だが、ジャンプの失敗で崩れる試合をこれまでに何度も見てきた。
 それ故に、地元トリノを含む過去2度の五輪は力を出せずに終わっていたが、今回は会心の出来だった。



○フィギュアスケート女子 結果

1位 アデリナ・ソトニコワ(ロシア) 224.59 (74.64、149.95)

2位 キム・ヨナ(韓国)       219.11 (74.92、144.19)

3位 カロリーナ・コストナー(伊) 216.73 (74.12、142.61)

4位 グレイシー・ゴールド(米国)  205.53 (68.63、136.90)

5位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 200.57 (65.23、135.34)

6位 浅田真央 (日本)       198.22 (55.51、142.71)

7位 アシュリー・ワグナー(米国) 193.20 (65.21、127.99)

8位 鈴木明子(日本)        186.32 (60.97、125.35)

12位 村上佳菜子(日本)      170.98 (55.60、115.38)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック